まんがタイムきらら2016年10月号の感想です。表紙はいい感じでアニメ放送も終了した三者三葉となっています。中心に照が来るというのは珍しい感じではないでしょうか。照が手に持っている肉球がネコ好きであることを端的に表していますね。

荒井チェリー先生・三者三葉

冒頭のやり取りを見ていると、今後フルネームor名字の呼び捨てが流行りそうな予感がします。そして早速葉子様を「西川」と呼び捨てにする薗部さんが見所です。薗部さん、もう何の前触れもなく制服姿で学校に侵入し、普通に溶け込んでいますね。

篤見唯子先生・スロウスタート

水がないけど水着姿が拝めるところが見所。海もプールもないけど水着姿がある光景、ちょっとマニア心?をくすぐられる感じがポイントです。花名ちゃん、志温ちゃんの家系だからこそのバストアップということは、4巻が出るころには豊満なバストをコマ載せしている可能性も?あとやっぱり志温ちゃんの豊満なバストを、でっかくコマ載せするのを見るとニヤニヤが止まりません。

追記

コミックス5巻が発売されましたので感想を書いています。エントリー:実は案外ガチ百合マンガなスロウスタート5巻感想

津留崎優先生・箱入りドロップス

今月は1ページに陽一サイド・雫サイドのコマを描くという、ちょっと変化球なコマ割りになっているところが見所。そして最後の最後、無意識で言葉にした陽一の告白は、この作品の最高潮を感じさせます。雫がどのような答えを出すか、身もだえしそうになりつつ今後の動向が見逃せません。

三上小又先生・ゆゆ式

おかーさんの豊満なバストも見逃せませんが、岡ちーとふみおちゃんの軽妙なやり取りが見所。この軽妙なやり取りの土台になっているのが、岡ちーとゆずこたちとのウソ混じりな言葉のキャッチボールです。ゆるくてちょっと「???」を感じさせるやり取りが、ゆゆ式という作品の持ち味で長寿の秘訣です。

華々つぼみ先生・きらきら☆スタディー~絶対合格宣言~

冒頭で登場するおとはちゃんといいんちょーの、色々と妄想をかき立てる修羅場的シーンが見所。あとサラッと流されていますが、いいんちょーがムッツリというのは確定事項になっているところが面白いです。冒頭の修羅場的シーンそのままに、おとはちゃんといいんちょーが餅つき的トークをするところも見逃せません。

ぼや野先生・ぽんこつヒーローアイリーン

ツッコミ不在で暴走するアイリーンが見所。そして到底ヒーローとしてみることができない、あまりにもちょろすぎるアイリーンの姿は笑いを誘います。そしてちょろいだけでなく、ティラミスをフーフーするドジっ子なアイリーンの姿は実に愛らしいです。読んでいると、ゲストで終わるにはもったいないという気持ちにさせてくれます。

文月ふうろ先生・オリーブ!Belleve,”Olive”?

シリアス展開のクライマックス突入を彷彿とさせる緊張感が見所。先月号のコニー×スズのような、百合百合しているニヤニヤ展開がオリーブ!という作品の至高ですが、シリアス展開を時折織り交ぜてくるタイミングがうまいです。あおばたちがニヤニヤ展開で見せる幸福顔も素敵ですが、シリアス展開の時に見せるキリッとした表情も捨てがたいところ。次回は祝・巻頭カラーで、エースの階段を踏みしめるかのように期待は膨らむ一方です。

きららのエースの階段を着実に上るオリーブ!に期待大

来月号の巻頭カラーは、文月ふうろ先生のオリーブ!Belleve,”Olive”?です。今回初の巻頭カラーで、コミックスの良好な売上とあわせて考えていくと、オリーブ!という作品はきららのエースの階段を着実に上っている感じがします。

コミックス2巻の発売も近いでしょうから、きらら編集部がオリーブ!という作品をどう羽ばたかせるか注目したいところです。