配当金収入は部屋が勝手に増えていくアパートのようなもの

配当金生活に欠かせない連続増配銘柄。
いつもお世話になっている億り人投資家・立川一さんは、増配を地道に続けていく連続増配銘柄のことを、「部屋数が勝手に増えていくアパートのようなもの」だと表現しています。

エントリー「配当金生活でポートフォリオに入れておきたい連続増配銘柄」で詳しく書いていますが、連続増配銘柄の発掘に尽力している立川さんならではの表現です。

また、受取配当金に着目することによって目先の資産の増減に気を取られることなく、しかし長期的にはそれなりにパフォーマンスにも反映されて健全な資産形成につながると思うのです。ちょいちょい書いていますが、増配銘柄は元金が勝手に増える定期預金や部屋数が勝手に増えるアパートのようなものだと思います。

Value Investment since 2004 長期に配当収入増加と資産形成を目論む立川一の投資日記「やはり増配銘柄の長期保有」より引用
配当金収入もアパートの家賃収入も同じストック収入です。
どちらも減配・家賃相場の値下がりの可能性があり、収入が減少するデメリットを当然抱えています。
しかし配当金収入の場合、アパートの家賃収入にはないふたつのメリットがポイントです。

配当金収入をアパートの家賃収入と比べた場合のふたつのメリットは

  • 経年劣化による修繕費といった追加維持コストがかからない
  • 住人のクレームにいちいち対応する手間とストレスがない
以上ふたつのメリットがあります。
「追加維持コストがかからない」「いちいちクレーム対応をしなくても良い」というメリットは十分魅力的で、それらのことをしなくても得られるストック収入は実に素敵なものです。

維持コストがかからない、かつクレーム対応しなくてもよい。アパートの家賃収入による手間ひまを省いた感じの配当金収入。

アパートで家賃収入を得るための、ふたつの大変な手間ひまを想像するだけでも、「配当金素晴らしい!配当金最高っ!!!」と思わずには入れれません。

配当金収入最大のメリットは増配により収入が勝手に増えること

「追加維持コストがかからない」「いちいちクレーム対応をしなくても良い」という、ふたつのメリットだけでも十分魅力的な配当金収入。
そして配当金収入最大のメリットは、業績が良ければよほどケチな企業でない限り配当金を増配して、受取配当金金額が年々増えていくことです。
配当金収入がアパートの家賃収入と同じストック収入であることを考えると、地道に増配を続ける企業の配当金収入は、まさに部屋数が勝手に増えるアパートという表現がぴったりです。
増配を続ける企業の配当金収入は、忍者が分身するときに見える残像とは違って、本当に増えた本物のお金です。増えたと思ったら「フッフッフッ、それは残像だ!」なんて残念なことはありません。
そうはいうものの、順調に増配を続ける企業も、業績が落ち込めばときには減配したりします。ときには「ゴメン!念力が切れて一部消滅しちゃったてへぺろ☆」なことがあるのは、頭の片隅にでも入れておきましょう。
アパートの家賃収入を得るには元手がかなり必要になりますが、配当金収入を得るにはアパートほどの元手は必要ありません。このアパートの家賃収入と比べたときの敷居の低さも配当金収入のメリットのひとつです。
配当金収入に兼業投資家にとっての最強の武器・入金投資法と組み合わせれば鬼に金棒で、配当金成長銘柄を増やしていくことで配当金収入にSTART:DASH!!もとい猛ダッシュがかかります。

配当金収入は橘玲氏が提唱する黄金の羽根のようなもの

配当金収入とアパートの家賃収入、どちらも素晴らしきストック収入です。
私としては元手がそれほどでなくても参入できる、そんなところも魅力のひとつである配当金収入の増加を目指していきます。
【3711】創通は、部屋数が勝手に増えるアパートの見本といっても過言ではありません。ひだまり荘もといアパート創通荘は、順調に業績を伸ばし10年で勝手に部屋数が6倍に増えています。
詳しくはエントリー「配当金生活でポートフォリオに入れておきたい連続増配銘柄」で書いています。
アパート創通荘は、ひだまり荘が登場するマンガ・ひだまりスケッチのような惨状にならないことを祈るかばかりです。
ひだまりスケッチも、かつては創通の配当金推移のように順調に人気を伸ばしていました。が、呆れるほどの休載連発と、4コママンガならぬ4ページマンガと揶揄されるくらい残念過ぎる連載ページ数により、いまや延命措置やらゾンビと呼ばれている始末です。

配当金生活を目指すにはフロー収入を大切に扱うところから

配当金生活を目指すには欠かせない連続増配銘柄。まずは、日々の給与・ヤフオクやメルカリ等から得られるフロー収入を、ていねいに扱うところから始めます。
日々の給与・ヤフオクやメルカリ等から得られるフロー収入。これらを大切に扱い、地道に貯めていくことが、連続増配銘柄を買うための種銭作りの大きな糧になるはずです。
日々の給与・ヤフオクやメルカリ等から得られるフロー収入を大切に扱います。フロー収入を地道に貯めて種銭を作り、その種銭でストック収入となる連続増配銘柄を買っていくわけです。
フロー収入とストック収入についてはエントリー「フロー収入をストック収入に変えて目指す億り人投資家生活」で詳しく書いています。
フロー収入を浪費して雑に扱わず、ストック収入を得るための糧として大切に扱ってあげたいところです。

次の記事>>>配当金生活は税金がお得でサラリーマンでも拾える黄金の羽根