種銭作りの基本はローリスク・ローリターン

あこがれの配当金生活を目指すうえで、その元手となるとても大切な種銭。この種銭、つまらないかもしれませんが基本的にローリスク・ローリターンで積み上げていきます。
配当金生活は税金がお得でサラリーマンでも拾える黄金の羽根という記事で、配当金生活について書いてます。
配当金生活は素晴らしいものですが、一朝一夕では手にできないものです。
なぜローリスク・ローリターンの積み重ねなのか。その理由は、ほとんど積み重なっていない種銭でおおきなリターンを狙っても、労力の割にはたいしたリターンを生み出さないからです。
大きなリターンを狙うのであれば、種銭を大きく積み上げてからのほうが、たとえば同じ1%の利回りでもリターンが大きく違ってきます。

例その1:種銭10万円と100万円で同じ1%のリターンを得た場合

  • 10万円で1%のリターン:1000円(英世ひとり)
  • 100万円で1%のリターン:10000円(諭吉ひとり)

例その2:種銭10万円と100万円で同じ2倍のリターンを得た場合

  • 10万円で2倍のリターン:20万円(諭吉20人)
  • 100万円で2倍のリターン:200万円(諭吉200人)
例その1・例その2ともに税金・手数料その他etc.は考慮せず

まったく同じ1%・2倍のリターンでも、種銭が多ければ英世と諭吉ほど・そして諭吉の人数にとんでもない差が出ます。この現実を見れば、種銭を貯めていく過程でおおきなリターンを狙うのは効率が悪いです。

おおきなリターンを狙う効率が悪いときは、退屈でもローリスク・ローリターンで種銭を積み上げていくのが吉というのがわかります。宝くじというのがいかにバカバカしいかよくわかるものです(聞いてない)。

種銭作りの基本は身分相応・身の丈にあった生活から

種銭作りの基礎となるのは、身分相応・身の丈にあった、ローコストな暮らしを送ることから始まります。
投資に必要な種銭を貯めるには身分相応・身の丈にあった暮らしをという記事で、身分相応・身の丈にあった暮らしの大切さを書いています。
種銭作りはローリスク・ローリターンとはいえ、お金を垂れ流さないように生活スタイルを見直すことは非常に大事です。穴が開いたバケツに水(種銭)は貯まりませんからね。
私自身は以前より家賃の安いところへ引っ越しして、もやしと鶏肉に深い愛を抱かざるを得ないような、種銭が貯まりやすくなるローコスト生活を送っています。
そしておつきあいしていた彼女と別れ交際費が大幅に減少したことで、種銭がより貯まりやすくなるローコスト生活にさらなる磨きがかかりました(笑)
私の元カノ、愛読紙まんがタイムきららキャラットの連載作品に登場するキャラと同名だったりします。大好きな愛読紙を毎号読みながら、毎月地味に精神的ダメージを受けている今日この頃です。私はきっとドMなんでしょうね(聞いてない)。

種銭は小さいと雑に扱いがちになるから要注意

種銭を積み上げておく必要性はもうひとつあります。種銭は小さい場合、額が小さいゆえに雑な投資をして雑に扱いがちになるからです。
種銭の金額が小さいと、一発大逆転のリターンを狙ったりしがちで、慎重に考えることなく投資をすることが多かったりします。
慎重に考えず雑な投資をすると、ただでさえ少ない種銭を、さらに少なくするかなくすという過ちを犯しがちとなります。
だからこそ種銭を大きく積み上げて、額の大きさにビビッて慎重かつ丁寧な投資を心がけるような仕組みをつくるわけです。
雑な投資で種銭を溶かしていくことで、日々のもやし・鶏肉生活が台無しになってしまい、私がきららキャラットを読んで受ける以上の精神的ダメージを受けます。
人間は現金な生きものですから、大金を見れば大抵ビビッて慎重になるものです。このビビりな性質をうまくいかして、種銭をローリスク・ローリターンで積み重ねていきましょう。

種銭作りはとにかく地味。だけどその先にはあこがれの配当金生活

種銭は日々の地道な節約(もやし・鶏肉生活のような)・引っ越し・保険料の見直し・各種契約サービスの見直し等といった、ローリスク・ローリターンの積み重ねで地味に積み上げていきます。
もし固定費を削って1万円の節約ができれば、それは1000万円を年利0.1%の定期預金で持っているのと同等のリターンを生み出すものです(注:税金等は考慮せず)。
ひとつひとつはローリターンでも、それが積み重なっていくことで、最終的には憧れの配当金生活の原資へとつながります。
配当金生活でポートフォリオに入れておきたい連続増配銘柄という記事で、配当金生活について詳しく書いています。
日々の地道な節約やコストの見直しで、たとえ地味でも種銭を着実に積み上げて、一日も早い配当金生活の第一歩を踏み出していきたいところです。

配当金に加えて株主優待があれば鬼に金棒

保有銘柄の配当金にプラスして、株主優待もあればまさに最高としかいいようがありません。株主優待をフル活用して生活費を削減することで、さらに種銭作りを加速させられるわけです。
株主優待でティッシュ・トイレットペーパーを自給自足するという記事で、種銭作りのその先にある、株主優待をフル活用している億り人投資家さんについて書いています。

株主への公平性の観点ではいろいろ言われている株主優待ですが、活用できるものは素直に活用して、配当金生活のための種銭作りを加速していきましょう。

次の記事>>>投資に必要な種銭を貯めるには身分相応・身の丈にあった暮らしを