ななかさんの印税生活入門・節税生活入門・配当金生活入門

配当金生活
スポンサーリンク

ひと山当てれば配当金生活が一気に視野に入ってくる

印税でも事業でもなんでも構いません。なにかでひと山当てれば、それを元手に配当金生活を目指せるスピードが一気に上がります。

ひと山当てた元手を節税でより多く残せればさらにグッドです。

記事タイトルに入っている「ななかさんの印税生活入門」は、芳文社発売の雑誌・まんがタイムきららMAXで好評連載中です。

なぜひと山当てると配当金生活が一気に視野に入るのか?

印税でも事業でも、ひと山当てれば納税後数百万円から数千万円のお金が一気に入り込んできます。

それこそ人によっては、数億円ということもじゅうぶんあり得ることです。

配当金生活を目指すには、ゆるく始めるにしても数百万円、ガチで目指すには数千万円・数億円の元手が必要となります。

印税や事業でひと山当てると、配当金生活に必要な数百万円・数千万円・数億円の元手が一気に手に入ります。

タイトルで取り上げたななかさんも印税でひと山当てたら、それを元手に配当金生活を始めたら面白いことになるはずです。

節税で配当金生活に必要な元手を守ろう

印税や事業でひと山当てて手に入れた貴重な元手。なにもしなければただ税金で持っていかれるだけです。

配当金生活に必要な元手となる、数百万円・数千万円・数億円の大金。

少しでも残すためには節税の知識は欠かせません。

節税して元手を少しでも残すことで、配当金生活に必要な株をより多く買うことができます。

税金に対して無知なのは大変罪深いことで、無知であればただ税金をむしり取られて、配当金生活に必要な元手が大きく目減りします。

ななかさんは配当金生活を始める前に、節税の知識を身につけて、ひと山当ててゲットしたお金を残すことを考えたほうがいいんじゃないでしょうか。

これで新連載「ななかさんの節税生活入門」の連載が、まんがタイムきららMAX以外の他誌で始まりますね。

節税生活・配当金生活を経験することで、それが新たなる稼ぎのネタになる

ななかさんが節税生活・配当金生活で経験してきたことを、マンガ連載とは別にブログを開設してそこに日々アップしていきます。

そのブログにグーグルアドセンス・amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトといった広告を設置します。

ブログに広告を設置することで、ブログが新たなる収入源に化ける可能性が出てくるわけです。

そしてブログをきっかけに、ななかさんに新たなる連載・出版の話がきて、印税収入がさらに増える可能性が出てきます。

まんがタイムきららMAX以外の他誌で、さらなる新連載「ななかさんの配当金生活入門」が始まりますね。

ひと山当てたらそれで終わりじゃない。それを元手に次の一山を築こう

ひと山当ててもそれを普通に使っていれば、数年後には元の生活に戻るだけです。

そのひと山を元手に、配当金生活やブログといった種をまきます。

そしてその芽がうまいこと育ってくれれば、それが次のひと山に相当する大きな果実になるはずです。

ななかさんも最初の印税を節税し、それを元手に配当金生活を始めます。

その生活ぶりをブログにアップすることで、それが印税のひと山に匹敵する大きな果実へと化けるわけです。

たったひとつのひと山当てるだけならまぐれであり得るかもしれません。

そしてそれを維持し大きくできるかどうかに、人としての真の実力が問われますね。

ななかさんが日本一の金持ち女子中学生(そのころは女子高生?)として大化けするか。

それとも運がよかっただけの一発屋女子中学生で終わるかの分岐点になりそうです。

配当金目当てで買った企業に、もし株主優待があるとすれば、さらに「ななかさんの株主優待生活入門」も展開できる可能性も出てきます。

多くの億り人投資家さんたちも、株主優待生活で多大な恩恵を受けていますからなおさらです。

関連記事:「株主優待でティッシュ・トイレットペーパーを自給自足する

ひと山当てるなんてムリ?当てなくても配当金生活は目指せます

ここまでひと山当ててうんぬんと書いてきましたが、ひと山当てずとも配当金生活は目指せます。

その好例が明治の大富豪・本多静六先生です。

本多先生はひと山当てるといった派手なことはしていませんが、それがなくても現在のレートにして百億円以上の資産を築いています。

本多先生の元手は印税や事業といった一発当てたひと山ではなく、大学教授としての給料と副業のアルバイトの小さな小さなお金のかたまりです。

その小さな小さなお金のかたまりで買った株からの配当金は、本多先生の大学教授としての給料よりずっと多かったとのこと。

本多先生のは道楽のようにほぼ生涯働いていましたが、働かずとも配当金収入だけて生活できたことは間違いありません。

本多先生の例を見ればわかるように、印税や事業でひと山当てずとも、配当金生活は目指せる可能性はあるのです。

それを目指すにはまず種銭貯めるところから始めたいところです。

本多静六先生が効果実証済みの四分の一貯金法を実践して、種銭を貯めて配当金生活を目指していきましょう。

本多静六先生に関しては、「本多静六著「私の財産告白」で配当金生活の元手の貯め方を学ぶ」という記事で詳しく書いています。

created by Rinker
¥514 (2018/11/14 04:25:46時点 Amazon調べ-詳細)

コメント