ふにもちを食べたくなるまんがタイムきらら2018年5月号感想

KRコミックス
スポンサーリンク

表紙はコミックス5巻が好評発売中のスロウスタート

夜の星空をイメージしたような背景をバックに、ほのかな百合を感じさせる栄依子×冠の姿に癒されます。

関連記事:実は案外ガチ百合マンガなスロウスタート5巻感想

スロウスタート自体は、ほのかな絵柄と裏腹に結構ガチな感じの百合ですので、見かけの表紙に騙されてはいけません(違

篤見唯子先生/スロウスタート

志温ちゃんからのご依頼で、ふにもちなる人気のお菓子を買いに行く花名ちゃんとひろえさん。

お菓子と言えば甘味。甘味と言えば榎並先生×冠ちゃんの名コンビ。ふにもちについて、花名ちゃんに熱心にアドバイスをする榎並先生と冠ちゃんを見ていると、食べ物で築いたふたりの絆の固さを感じずにはいられません。

相変わらずのコミュ障ぶりを発揮しているひろえさんに対して、花名ちゃんが
「きれいでかっこいいお姉さんなんですから
そうやって隠れちゃうと勿体ないです」

と、栄依子ちゃんっぽいことを語りかけるあたりから、花名ちゃんの成長を感じられるところは見逃せません。

あと随所でひろえさんに対して攻めに入る、ちょっとブラックな花名ちゃんもギャップがあり面白いところです。

最後に登場する、ふにもちをほおばる花名ちゃんとひろえさんの表情を見ていると、ふにもちを食べたくなることは間違いありません。

ふにもちを読者プレゼントにしたら面白そうです(多分生ものなので難しそうな気もしますが)。

はりかも先生/うらら迷路帖

千矢育ての親・セツさん初登場。千矢がワイルドなのも納得がいく、見事なワイルドぶりがポイントです。

セツさんは棗屋出身の元六番占ということで、このあたりに今後の伏線を感じさせるのは間違いありません。ラストの描写を見ると、なおさら予感させてくれます。

セツさんの伏線で、今後のシリアス展開を思わせようとしているところで、紺が暴走するギャグシーンでクスッとさせるギャップは見逃せません。ちょっと百合臭を漂わせる紺が見どころポイントです。

阿部かなり先生/みゃーこせんせぇ

体力アップの薬を試作したところ、副作用が微エロいことを考えてしまうとのことで、カラーページのサービスシーンはそういうことだったのかと、思わず納得してしまうところが見どころポイントです(違

みゃーこ先生が、体力アップの薬とあんかけチャーハンの食べ合わせ副作用?で女児化する一幕。ギャグと見せかけて、薬と食事の食べ合わせ注意を暗に啓蒙しているのかもしれません。

微エロいみゃーこ先生を見て、ドエロい妄想をしていたホネ。どれほどドエロいことを考えていたのか気になるところです。ギャグそっちのけの、みゃーこ×ホネの百合展開であることは間違いなさそうです(笑)

来月号は棺担ぎのクロが表紙

来月号で棺担ぎのクロが最終回ということで、表紙&センターカラーです。

ちなみに巻頭カラーはスロウスタートということで、表紙イコール巻頭カラーではない展開になっています。

最終回くらいは巻頭カラーでもいいのでは?と感じますが、今はスロウスタートが旬ということで、編集部としてはそちらを推していきたいということなのでしょうね。

コメント