インデックス投資とアーリーリタイアについて書かれた本

インデックスファンドの積み立て投資を軸に、さまざまな偶然が組み合わさりアーリーリタイアを達成されたNightWalker(ナイトウォーカー)さん。
NightWalker(ナイトウォーカー)さんのブログ:NightWalker’s Investment Blog

2018年6月に発売されたご本人の著書「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」では、

  • インデックス投資とは何ぞや?
  • つみたてNISAは超オトクだよ
  • マーケットで暴落が起こったときの対処法
  • アーリーリタイアするときにチェックすること
  • 投資においてのゆるい出口戦略

が、難しい言葉を使わず、ふわふわ感を出しながら書かれています。

本書では、投資に関する扇動的な記述がほとんど見当たりません。書籍タイトル&本の帯がキャッチ―ではありますが、表紙のかわいい女子でうまいこと緩和している(目をそらしている?)ようです。
難しい言葉があまり登場せず、全体的にゆるい感じで書かれています。NightWalker(ナイトウォーカー)さんがインデックス投資界隈で、「仙人」と呼ばれるような人柄がにじみ出ているところがポイントです。

見どころはアーリーリタイアについての記述

投資本ですから、通常は投資の部分に目が行くものです。しかし本書に関しては、投資よりもアーリーリタイアについての記述に注目したいところです。
NightWalker(ナイトウォーカー)さんがアーリーリタイアを意識したきっかけは、勤務先から事実上の戦力外通告である退職勧奨をされたことです。
退職勧奨自体は悲劇的ではありますが、素直にそれを受け入れることで、対価として割増退職金がもらえます。しかも前年度の退職勧奨より条件が良かったそうです。

NightWalker(ナイトウォーカー)は退職勧奨による割増退職金という偶然をきっかけに、

  • 年金は足りるか?
  • 生活費は足りるか?
  • 老後の資産運用は大丈夫?
を冷静に考え、大丈夫だと判断してアーリーリタイアに踏み切りました。以上3つは、アーリーリタイアを考える際にNightWalker(ナイトウォーカー)が掲げている大事なポイントです。
形はちょっと違うかもしれませんが、退職勧奨による割増退職金は、橘玲氏が提唱する黄金の羽根のひとつではないでしょうか。サラリーマンが拾える黄金の羽根は案外あるものですね。
私もサラリーマンが拾える黄金の羽根について書いていました。関連記事:配当金生活は税金がお得でサラリーマンでも拾える黄金の羽根
だれもが一度はあこがれるアーリーリタイア。これをリアルに達成したNightWalker(ナイトウォーカー)さんの、偶然をうまく活かした行動力・考え方は、読み物としてだけでなく実例としても参考になるはずです。
特筆すべきところは、NightWalker(ナイトウォーカー)さんが億り人ではないということはないでしょうか。投資で億り人にならなくてもアーリーリタイアできるという実例は、アーリーリタイアを考える際のハードルを下げてくれる効果があるはずです。

個別のインデックスファンドについて記載がないという新しい視点

本書「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」では、個別のインデックスファンドについての詳細な説明・紹介がありません。
某勝間和代氏の著書から始まった(と思われる)、書籍の中で個別の商品について詳しく紹介するスタイル。多くのインデックス投資本でも、そのときに一番旬なインデックスファンドが紹介されています。
本書が個別のインデックスファンドについて紹介しないのは、そのとき一番価値のあるのインデックスファンドが、短い期間でコロコロ変わるからではないでしょうか。
たとえば本書で具体的なインデックスファンドを取り上げたとしても、半年後には一番いいものではなくなっている可能性が高いです。それくらいに、現在のインデックスファンドの栄枯盛衰は激しいです。
インデックスファンドの具体的な言及を避けているのは、半年後でも普遍的な内容として読まれるのを意識してのことだと考えられます。

・・・・・表紙の女子につられて買いました

本書「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」について、アーリーリタイアが~インデックスファンドが~等々書いていきましたが、実は表紙の女子にホイホイつられて買いました。
表紙の女子につられて本書を手に取られた方、結構いるのではないでしょうか。私もそのひとりです。
いろいろな出来事のきっかけなんて、案外ささいなことやどうでもいいことが多いのではないでしょうか。
ささいなことがきっかけで、面白いネタや楽しい体験ができれば儲けものです。表紙につられてホイホイ買うのも、案外悪いものではないと感じました。

ただ表紙につられて、「金欠の高校生がバフェットから「お金持ちになる方法」を学んだら」なるクソ本をつかんでしまった悔しさは忘れないぞ(違