【書評】世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました

株式投資の本
スポンサーリンク

インデックス投資とアーリーリタイアについて書かれた本

インデックスファンドの積み立て投資を中心に、さまざまな偶然が組み合わさりアーリーリタイアを達成されたインデックス投資家・NightWalker(ナイトウォーカー)さん。

NightWalker(ナイトウォーカー)さんのブログ:NightWalker’s Investment Blog

2018年6月に発売されたご本人の著書「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」では、

  • インデックス投資とは何ぞや?
  • つみたてNISAは超オトクだよ
  • マーケットで暴落が起こったときの対処法
  • アーリーリタイアするときにチェックすること
  • 投資においてのゆるい出口戦略

が、難しい言葉を使うことなく、ゆる~い雰囲気を醸し出しながら書かれています。

NightWalker(ナイトウォーカー)さん自身のお人柄もありますが、本書では投資に関する扇動的な記述がほとんど見当たりません。

書籍タイトル&本の帯がなかなかにキャッチーではありますが、表紙のかわいい女子でうまいこと緩和している(目をそらして誤魔化している?)ようです。

本書を読んでいると、NightWalker(ナイトウォーカー)さんがインデックス投資界隈で、「仙人」と呼ばれる理由がよくわかるのがポイントとなっています。

見どころは投資ではなくアーリーリタイアについての記述

投資本ですから、やはり通常は投資の部分に目が行くものです。

しかし本書に関して言えば、投資異常にアーリーリタイアについての記述に注目したいところです。

NightWalker(ナイトウォーカー)さんがアーリーリタイアを意識したきっかけは、勤務先から事実上の戦力外通告である退職勧奨をされたこととなっています。

退職勧奨自体は悲劇的な出来事ではありますが、無駄な抵抗をせず素直に退職勧奨を受け入れることで、対価として相当な割増退職金がもらえます。

しかもNightWalker(ナイトウォーカー)さんの場合は、前年度の退職勧奨時より割増退職金の条件が良かったそうです。

NightWalker(ナイトウォーカー)は退職勧奨による割増退職金という偶然をきっかけに、

  • 年金はこのままで足りるか?
  • 生活費はこのままで足りるか?
  • 老後の資産運用はこのままで大丈夫?

を冷静に考え、これなら大丈夫だと判断して思い切ってアーリーリタイアに踏み切りました。

アーリーリタイアを考える際、

  • 年金はこのままで足りるか?
  • 生活費はこのままで足りるか?
  • 老後の資産運用はこのままで大丈夫?

以上3つは、NightWalker(ナイトウォーカー)が掲げている、アーリーリタイアを視野に入れたときの大事なポイントです。

形はちょっと違うかもしれませんが、退職勧奨による割増退職金は、橘玲氏が提唱する黄金の羽根のひとつではないでしょうか。

サラリーマンが拾える黄金の羽根は、意外なところから降ってくるということが良くわかる出来事でもあります。

関連記事:配当金生活は税金がお得でサラリーマンでも拾える黄金の羽根

多くの人たちが一度はあこがれるアーリーリタイア。

アーリーリタイアをリアルに達成したNightWalker(ナイトウォーカー)さん。

割増退職金という黄金の羽根つかみ取り、それをうまく活かした行動力・考え方は、読み物としてだけでなく実例としても参考になるはずです。

特筆すべきところは、NightWalker(ナイトウォーカー)さんが億り人ではないということはないでしょうか。

投資で億り人にならなくても、実は全く問題なくアーリーリタイアできるという生きた実例は、アーリーリタイアを視野に入れた際のハードルを下げてくれる効果があるはずです。

個別のインデックスファンドについて記載がないという新しい視点

本書「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」では、個別のインデックスファンドについての詳細な説明・紹介がありません。

某勝間和代氏の著書から始まった(と思われる)、書籍の中で個別の商品について詳しく紹介するスタイル。

多くのインデックス投資本でも、そのときに一番旬なインデックスファンドが紹介されています。

本書が個別のインデックスファンドについて紹介しないのは、そのとき一番価値のあるのインデックスファンドが、短い期間でコロコロ変わるからではないでしょうか。

たとえば本書で具体的なインデックスファンドを取り上げたとしても、半年後には一番いいものではなくなっている可能性が高いです。

それくらいに、現在のインデックスファンドの栄枯盛衰は激しいです。

インデックスファンドの具体的な言及を避けているのは、半年後でも普遍的な内容として読まれるのを意識してのことだと考えられます。

・・・・・実は表紙の女子につられて買いました

本書「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」について、アーリーリタイアが~インデックスファンドが~等々書いていきました。

しかし実は表紙の女子にホイホイつられて買いました。

表紙の女子につられて本書を手に取られた方、実は意外といらっしゃるのではないでしょうか。私もそのひとりだったりします。

世の中のいろいろな出来事のきっかけなんて、案外ささいなことやどうでもいいことが結構多いのではないでしょうか。

ささいなことやどうでもいいことがきっかけで、面白いネタや楽しい体験ができれば儲けものです。

表紙につられてホイホイ買うのも、案外悪いものではないと感じました。

本書を読んでアーリーリタイアを意識する方が少しでも増やすことが、NightWalker(ナイトウォーカー)さんが執筆した狙いのひとつなのかもしれません。

読むとアーリーリタイアが気になってくる一冊です。

コメント