配当金生活はサラリーマンが拾える数少ない黄金の羽根

配当金生活は資本主義の本質・税金の盲点を突いた合理的な生活で、橘玲氏が提唱する黄金の羽根そのものです。実際に配当金生活でセミリタイアされた個人投資家さんがその点をブログで解説されていました。

手前味噌ですが、配当金生活というのは合理的にできています。
収入が分離課税の配当金だけだと、確定申告時の収入も所得もゼロ円になります。
当然(総合課税の)所得税はゼロ円になり、世帯に他に納税者が居なければ住民税非課税世帯になります。
住民税非課税世帯というのは、文句無しに低所得者となるので様々な救済措置があります。

ひとり配当金生活「配当金生活の優位性、というかズルさ」より引用
この所得がありながら住民税非課税世帯になるというところが、配当金生活が黄金の羽根であるゆえんです。
そして配当金で多額の所得を得ているにもかかわらず、住民税非課税世帯であるがために、さまざまな低所得者向け救済措置を受けられます。

多額の所得があるのに低所得者扱いという、資本主義と税金の歪みを突いた黄金の羽根をつかみ取ることは、橘玲氏の著書タイトルのひとつである「貧乏はお金持ち」状態そのものです。

この黄金の羽根にくわえて、ミニマム個人事業主となり、青色申告特別控除と基礎控除の範囲内で事業収入を得ることで、黄金の羽根の輝きがさらに増加します。

[平成29年4月1日現在法令等]

 青色申告者に対しては種々の特典がありますが、その一つに所得金額から最高65万円又は10万円を控除するという青色申告特別控除があります。

1 65万円の青色申告特別控除
この65万円の控除を受けるための要件は、次のようになっています。
(1) 不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいること。

(2) これらの所得に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること。

(3) (2)の記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付し、この控除の適用を受ける金額を記載して、法定申告期限内に提出すること。

出典:国税庁

[平成29年4月1日現在法令等]

 確定申告や年末調整において所得税額の計算をする場合に、総所得金額などから差し引くことができる控除の一つに基礎控除があります。
 基礎控除は、ほかの所得控除のように一定の要件に該当する場合に控除するというものではなく、一律に適用されます。
 基礎控除の金額は38万円です。

出典:国税庁

ミニマム個人事業を行うことで、所得が今以上に増えたのにもかかわらず、青色申告特別控除65万円と基礎控除38万円の範囲内で所得を得れば、ミニマム個人事業の所得は非課税です。
分離課税の配当金と、青色申告特別控除65万円・基礎控除38万円の範囲内でのミニマム個人事業所得コラボで、黄金の羽根の輝きは最高潮に達します。
当然ですが、配当金と控除範囲内でのミニマム個人事業所得による黄金の羽根コラボは、日本の税法にのっとった合法的なものです。違法でもインチキでもなんでもありません。
配当金生活とは、まさに制度の歪みを合理的に利用したものであり、橘玲氏が十数年前に提唱し、今もなお有効な黄金の羽根そのものです。
配当金と控除範囲内事業所得コラボによる黄金の羽根は、制度の歪みを合理的かつ合法的に突いたもので違法でも何でもありません。
自らも黄金の羽根を掴み取りに行くか、それとも黄金の羽根をつかんだ人に難癖付けてdisって嫉妬するだけかで、人生の充実度も変わってくるはずです。

配当金生活で貸株サービスを利用すると失敗する

制度の歪みを合理的かつ合法的に突いた配当金生活ですが、ひとつ注意しなくてはいけない失敗ポイントががあります。

それは証券会社の貸株サービスを利用してはいけないことです。貸株サービスから得られる貸株金利及び配当金相当額は、雑所得扱いとなり総合課税の対象になってしまいます。

貸株サービスの税金について
貸株サービスでお受け取りいただく『貸株金利』および『配当金相当額』は雑所得となり、他の所得と合算のうえ総合課税の対象となります。原則として確定申告の際に申告をいただきますが、サラリーマンの方で給与所得以外の所得が20万円以下の場合など一定の要件を満たす場合は確定申告は不要です。なお、配当金相当額は雑所得のため、上場株式等の譲渡損との損益通算は出来ません。
※ ご自身の申告により確定申告をしていただく必要があります。

マネックス証券公式サイトより引用

苦労してつかみ取った黄金の羽根も、貸株サービスを利用して雑所得を得てしまうと、課税対象となり配当金生活が失敗してしまいます。
貸株サービスで得られる目先の小金に欲がくらむと、住民税非課税世帯どころか逆に課税世帯となり、配当金生活が失敗するもとになるので要注意です。

配当金生活を始めたら、存在感のなさを身につけよう

配当金生活に限りませんが、それなりの資産を築いたあとは要注意です。自分の腕で築いた資産を、執拗にお金をたかりにきたり妬んで足を引っ張る、嫉視の敵の標的にならないように注意しましょう。
佐賀に住んでいた金持ち消防士さんは、嫉視の敵に足を引っ張られて懲戒免職となってしまいました。「賃貸収入7000万円の金持ち消防士事件でわかる教訓とは?」という記事で詳しく書いています。

そんなときには、一迅社から発売されているマンガ・ゆるゆりに登場する、赤座あかりの存在感のなさは大変参考になるはずです(近年では存在感のなさの設定はなくなりましたが)。

「影が薄い」

初期のほうでは、影が薄く、そのことを周囲から指摘され、本人もそれを気にしており、本人は七夕のお願いごとに「出番が増えますように」と書いたが、単行本の表紙ではちなつの髪に隠れたり、帯で隠れる位置に描かれたりと散々な扱いを受けていた。
動画工房による第1期・第2期のアニメ化でも、広告や店頭のコーナー等でも影に隠されたりする有様であった。(しまいにはアナログ放送終了のカウントダウンにまで隠される)
「\アッカリ~ン/」と言う効果音がつけられたのもこの頃で、存在感を出すためにつけられていた。

ニコニコ大百科「赤座あかりとは (アカザアカリとは)」より引用
近年設定としてはなくなってしまいましたが、赤座あかりというキャラの、主人公でありながら空気のごとく影が薄く、驚くほどの存在感のなさは圧巻です。
赤座あかりの空気のごとき存在感のなさをマスターしてしまえば、自分の資産をたかりにきたり足を引っ張ったりする、忌々しい嫉視の敵の標的になるのを防げます。
佐賀県在住の金持ち消防士さんも、赤座あかりの存在感のなさをマスターしていたら、消防士を懲戒免職されることもなかったのかもしれません。
存在感のなさの価値がわかれば、これはもう赤座あかりになるスキルを身につけるしかないです。
ブラウザの前にいらっしゃる投資で成功しつつあるお方は、嫉視の敵の攻撃を防ぐためにも「ハイっ!アッー!アッー!\アッカリ~ン/」な感じで存在感をなくしていきましょう。

配当金生活という黄金の羽根を拾おう

配当金生活を始めるには、マネー誌等で特集されているような、高利回り配当ランキングに騙されないところからがスタートしましょう。
特に製造業といった景気循環株(通称シクリカル株)は要注意です。景気が良いときは配当利回りも高いですが、景気が悪くなれば大幅に減配・無配になることも多々あります。
配当金生活するうえで、配当金総額が毎年激しくぶれるのは好ましくないですし、精神衛生上よろしくありません。なので景気循環株のような銘柄は、最初から投資対象としては外したいところです。
そして配当金生活を意識して投資するのであれば、連続増配企業のホールドで有名な億り人投資家・立川一さんが保有している、【3711】創通のような安定的に増配を重ねる企業に投資します。