配当金生活目指すならポートフォリオにぜひ入れたい連続増配銘柄たち

配当金生活を目指していくのであれば、ポートフォリオには配当金が地味にでも年々増加していく、いわゆる連続増配銘柄をホールドしておくことは欠かせないことです。
いつもお世話になっている億り人投資家・立川一さんは、多くの連続増配銘柄をポートフォリオ内に保有し、配当金生活への道を着実に歩んでおられます。
立川一さんについてはエントリー「億り人投資家・立川一さんの投資遍歴からわかる侮れない偶然」で詳しく書いています。
配当金生活は資本主義の本質を突いた黄金の羽根でもあり、勤め人の兼業投資家でも拾える数少ない黄金の羽根のひとつです。
立川一さんは配当金にプラスして、株主優待をフル活用することで、生活必需品までまかなってしまっています。エントリー「株主優待でティッシュ・トイレットペーパーを自給自足する」で詳しく書いています。
株主優待を存分に活用し、生活必需品コストを削減することも、黄金の羽根のひとつとして数えてしまってもいいのかもしれません。

立川一さんが保有しているポートフォリオ内の連続増配銘柄一例

  • 【2185】シイ・エム・シイ
  • 【2198】アイ・ケイ・ケイ
  • 【2412】ベネフィット・ワン
  • 【3654】ヒト・コミュニケーションズ
  • 【3711】創通
  • 【3712】情報企画
  • 【3834】朝日ネット
  • 【4345】シーティーエス
  • 【4666】パーク24
  • 【5819】カナレ電気
  • 【7148】FPG
  • 【7164】全国保証
  • 【8898】センチュリー21
  • 【9658】ビジネスブレイン太田昭和
  • 【9787】イオンディライト
  • 【9795】ステップ
  • 【9994】やまや

ここで挙げた銘柄群の配当金は、決して純粋な右肩上がりではありませんが、どの銘柄も地道に増配を続けている企業ばかりです。

地味ながらも増配を続けていく銘柄を、ポートフォリオに多く組み入れていくことで、あこがれの配当金生活はグッと近づいてきます。

【3711】創通の配当金は増配を重ね10年で6倍に化けました

立川さんのポートフォリオの一角に入っている【3711】創通。2003年度に5円だった配当金は、増配を地道に重ね続け10年後の2013年度には30円と、10年で6倍にまで跳ね上がりました。
2013年からそのあとも【3711】創通は増配を続けて、2015年度には35円と2003年度から7倍にまで大化けしているので驚きです。
10年かかったとはいえもらえる配当金が7倍になったら、それはもうニヤニヤが止まらないことでしょう。【3711】創通という企業は、連続増配銘柄が実際に存在するという現実を見事に体現しています。
【3711】創通のような企業を我慢強くホールドするだけで、配当金収入が10年程度で6倍~7倍になるのであれば、連続増配銘柄投資は十分割に合う投資です。
創通はガンダムやご注文はうさぎですか?(通称ごちうさ・ただし創通はアニメ第一期のみ出資)の版権を活用して、巨額の設備投資を必要とせずとも利益を上げるという特徴があります。
この大型設備投資不要で利益を順調に上げ続ける構造が、配当金を10年で6倍にまで跳ね上げている源泉です。連続増配銘柄の多くは、大掛かりな設備投資を必要としないという特徴があります。

立川一さんの連続増配銘柄ポートフォリオも、多くの銘柄は巨額の設備投資を必要としません。

  • 【2185】シイ・エム・シイ
  • 【2198】アイ・ケイ・ケイ
  • 【2412】ベネフィット・ワン
  • 【3654】ヒト・コミュニケーションズ
  • 【3711】創通
  • 【3712】情報企画
  • 【3834】朝日ネット
  • 【4345】シーティーエス
  • 【4666】パーク24
  • 【5819】カナレ電気
  • 【7148】FPG
  • 【7164】全国保証
  • 【8898】センチュリー21
  • 【9658】ビジネスブレイン太田昭和
  • 【9787】イオンディライト
  • 【9795】ステップ
  • 【9994】やまや
巨額の設備投資を必要としないので、景気変動に振り回されにくいというのも特徴のひとつに数えられそうです。
景気変動に左右されにくいからこそ、利益を配当金へ振り向ける余裕があり、結果的に配当金額が順調に増加・成長していきます。

派手さはないけど侮れない連続増配銘柄投資

連続増配銘柄への投資は、【3711】創通のような配当金を年々地道に増配する企業を、淡々と我慢強くホールドする投資法です。
キャピタルゲインをガチで狙う成長株投資と比べるとかなり地味ですが、キャピタルゲイン狙いの投資と比べれば、マーケットと対峙している時間は少なくて済みます。
マーケットと対峙している時間が少なくて済むので、日中仕事があるサラリーマン兼業投資家のかたには非常に向いている投資法です。

実際【3711】創通等の連続増配銘柄に投資をされている立川さんが提唱する連続増配銘柄投資のポイントをご紹介します。

私は配当金を毎年20%以上増加させることを目標とし、達成したりしなかったりしながらも平均的にはクリアしてきました。受取配当を長期的に増加させるためには、以下の2点に尽きると思います。
(1)元金を毎年追加する
(2)長期的に配当を増加させてくれる銘柄に投資する
当然ながら、(1)は資金の少ない時には有効ですが、段々と効果は薄れていきます。しかしながら、ゼロにはなりません。
中略
勤め人投資家の場合、投資に十分な時間がかけられない人が大半でしょう。そこで投資先を増配銘柄に絞れば、少ない調査時間で投資先を選定しても失敗する確率を小さくできそうです。
中略
ちょいちょい書いていますが、増配銘柄は元金が勝手に増える定期預金や部屋数が勝手に増えるアパートのようなものだと思います。

Value Investment since 2004 長期に配当収入増加と資産形成を目論む立川一の投資日記「やはり増配銘柄の長期保有」より引用
エントリー「配当金生活に欠かせない連続増配銘柄は部屋が増えるアパート」で書きましたが、立川さんは連続増配銘柄を「部屋数が勝手に増えるアパートのようなもの」と表現しています。
立川さんが示したこの表現は、配当金成長銘柄をわかりやすくかつ魅力的に見せているところがポイントです。
このわかりやすくかつ魅力的な表現を見ていると、ガチなキャピタルゲインを求めるばかりが、株式投資のすべてではないということがよくわかるものです。
株式投資で利益を上げる方法はたったひとつではなく、視野を広げれば実に多彩なものであります。

配当金生活を目指すにはまずフロー収入をていねいに扱うところから

配当金生活を目指すには、連続増配銘柄を買うための種銭が必要です。
まずは、日々の給与・ヤフオクやメルカリ等の副業から得られるフロー収入を、大切に扱っていくのが第一歩です。
フロー収入をていねいに扱うことで、連続増配銘柄を買うための種銭が順調に貯まっていきます。雑に扱っては種銭なんて到底貯まるものではありません。
フロー収入を大事に扱うことで貯めていった種銭で、ストック収入となる連続増配銘柄を少しずつ買っていくわけです。
ストック収入の少しずつの積み重ねが、配当金生活へと着実に近づけてくれます。フロー収入とストック収入についてはエントリー「フロー収入をストック収入に変えて目指す億り人投資家生活」で詳しく書いています。
フロー収入をていねいに扱うことが、億り人投資家と配当金生活へと着実に近づけてくれます。

次の記事>>>となりの億万長者ごっこでお金を貯めて配当金生活の元手を作る

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

コメントを残す