投資で運用するのも大事だけどぜひ準備しておきたい生活防衛資金

生活防衛資金と聞くと、普通は突然失業しても大丈夫なお守りの役目を浮かべます。しかし生活防衛資金には、そのお守りの役割以外にも、株式投資で資産運用するときに、ストレスを軽減させる安定剤の効果があるものです。
どうして生活防衛資金にストレを軽減する効果があるのか。それは生活防衛資金があることで心と生活に余裕ができて、株式投資で無茶な勝負をする必要がなくなるからです。
株式投資で無茶な勝負を仕掛けようと思うときは、だいたいストレスを溜め込んで冷静な判断が出来ないときがほとんどだったりします。
どうしてストレスが溜まるのかといえば、生活防衛資金という心と生活に余裕を与えてくれる安定剤がないからです。

生活防衛資金があることで、株式投資と落ち着いて対峙できる

生活防衛資金という安定剤があることで、心と生活に余裕ができ、株式投資と落ち着いてに対峙することができます。
心も生活も余裕がないことで、株式投資と落ち着いて対峙できず勝負を急ぎすぎて、結果的に株式投資から退場させられることが多いです。
生活防衛資金があれば、株式投資と落ち着いて対峙することができます。株式投資と落ち着いて対峙することができることで、ここぞという勝負どころをじっくり待てるわけです。
ここぞという勝負どころをじっくり待てるのは、勝負を急ぎする必要が無いことの副産物といってもいいでしょう。この勝負どころをしっかりつかむことで、株式投資でで大きな果実を手にすることができます。
勝負どころでがっちりとつかんだ大きな果実が、結果的に自分の長期的なパフォーマンスに大きな影響を与えることが多いです。

心と生活に余裕を持つためにも、生活防衛資金をしっかりと築いていこう

生活防衛資金はストレスを軽減し、心と生活に余裕をもたらす素晴らしき安定剤。しかし残念ながら一朝一夕で築けるものではありません。本多静六先生は、投資の前にまずはしっかりと貯蓄をすることを推奨しているくらいです。
生活防衛資金を地道に積み上げていく作業は、正直なところあまりおもしろみがないでしょう。しかしそのおもしろみのない積み重ねが、株式投資で大きな果実をつかみとる支えになります。
おもしろみのないことでも、その先に大きな果実という夢と希望があればがぜんやる気が出るものです。そうとわかればレッツ生活防衛資金作り!

次の記事>>>立川一さんが語る株式投資で入金。入金投資法とはまったくの別物