節約の価値を侮ることなかれ

あこがれの配当金生活を目指すには、多額の種銭が欠かせません。
配当金については配当金生活でポートフォリオに入れておきたい連続増配銘柄という記事でで詳細を書いています。
種銭を貯めるためにはまず稼ぐことを考えるものです。が、一万円を稼ごうと思えばそう簡単にいかないのは、サラリーマンだろうと自営業のかたでも容易に想像できます。
一万円稼ぐこと、自分の手だけではなかなかコントロールが効かないものです。会社の口座からお金を拝借するわけにもいきませんからね(それは犯罪なのですよ)。
しかし一万円節約しようと、発想を変えてみてはどうでしょうか。一万円の節約であれば、稼ぐのと比べて自分の手のコントロールが効き、思ったよりたやすいのではないでしょうか。
稼いでゲットした一万円も、節約して浮いた一万円も、等しく同じ価値の一万円。そう考えてみると、「節約っていうもの、意外と侮れないヤツだな・・・・・」と感じてくるはずです。
節約の価値が侮れないことは、明治の偉大なる大富豪・本多静六先生が実証されていることからも明らかではないでしょうか。
本多静六先生については、「本多静六流「四分の一貯金法」で投資の種銭の作り方を学ぼうという記事で詳しく書いています。

稼ぐより節約のポイントはコントロールのしやすさ

節約が侮れない存在に見えてくるのは、比較的自分の手でコントロールが効きやすく、思い通りにいくことが稼ぐことと比べて比較的多いためです。
思い通りにいくのが比較的容易という点が特に重要なポイントで、思い通りにいかないことが続くというのは、非常に大きなストレスとなっていきます。
ストレスがたまる日々が続くとどうなるか。ある日それが突然大爆発し、仕事上のミス・やけになって散在するその他etc.と、さまざまな災厄をもたらし色々とろくなことになりません。
だからこそ自分の手でコントロールが効きやすく、稼ぐのと比べて思い通りにいくことが比較的多いな節約が大きな価値を持つわけです。

なんだかんだで節約は案外効率的

最初に触れたことですが、一万円の節約は一万円の稼ぎと同じ一万円の価値を持っています。しかし同じ一万円を手に入れるのにも、一方は自分の手のコントロールが効きにくい、もう一方は自分の手のコントロールが効きやすい。
同じ一万円でもそこに至るまでの過程が結構違ってきます。その点を考えると、同じ一万円でも節約で得た一万円のほうが案外効率的であるとわかります。

一万円の節約は数千万円の定期預金を、高金利で保有しているのと同じ効果があります。月一万円の節約であれば、一億二千万円の定期預金を0.1%の金利で保有しているのと同じ効果があります(税金等は考慮せず)。

たとえ年一万円の節約と少額であっても、それは一千万円の定期預金を0.1%の金利で保有しているのと同じ効果があります。節約は疑似的に高額の定期預金を保有していると考えると、節約してみようかという気持ちにさせてくれます。
一万円の節約は、収入が一万円下がったとしてもそれに耐えられる強さを与えてくれるものです。節約せずにただ一万円収入が下がればそのままダメージとなりますが、一万円節約していることで一万円収入が下がったダメージをトントンにできます。
一万円という金額に限らず節約すること自体が、収入減というピンチに対して守りの役割を果たし、それに耐えられるだけの強さを与えてくれるものです。
ただし節約のやりすぎには要注意です。一歩間違えると健康診断に引っかかります(汗)関連記事:種銭作りしていたら健康診断に引っかかって栄養不足判定された

効率的な節約をするには活動自体をやめるのもポイント

具体的に何をするのかですが、真っ先に食費へ手を伸ばしそうになりますが狙うところはそこではありません。そんなところを狙っても、ひもじい思いだけして続かない場合がほとんどで、節約挫折の大きな原因です。
節約のために真に狙うのは、月々契約上だいたい一定金額で出ていく固定費です。最初にあげた食費を削ると体力面で不安が出てくるものですし、生活にいろいろな意味でいろどりが無くなってきます(過剰な外食等は当然控える必要はありますが)。

特に狙いどころは

    • スマホ代
    • コンテンツへの定額課金(ニコニコ動画等)
ではないでしょうか。スマホ代はドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアとの契約をやめて、格安SIMを利用すれば半額以下にできることもざらです。
コンテンツへの課金ですが、ニコニコプレミアム会員といった惰性で課金しているものをスパッとやめてしまうことです。けものフレンズ騒動もありましたから、鉄槌の意味もこめてニコニコプレミアム会員はさっさと解約してしまいましょう(違

あとはスパッとやめられるものではありませんが

      • 電気代
      • ガス代
      • 水道代
といったものでしょうか。契約アンペアを見直す・電気をつけたまま寝落ちしない(笑)等々で、やめることはできなくても過剰な手間をかけずに節約が可能です。
こういった固定費に目をつける理由は、固定費は一度落としてしまえばその後の変動があまり無いためです。そのあとの変動があまり無いからこそ、真に狙いをつけて削減する価値があります。

となりの億万長者たちも実践している節約はホントに侮れないもの

節約の価値は本当に侮ってはいけません。
アメリカのお金持ちの真の姿をを描いたマネー本の名著「となりの億万長者」でも、登場する億万長者たちは全て節約を生活習慣化しています。
億万長者の稼ぎ方はマネできるとは限りませんが、億万長者の節約習慣は稼ぎ方と比べればマネが容易なはずです。
億万長者の節約習慣には著作権も肖像権もありませんので、マネをしても訴訟を起こされる心配もありません。なのでとなりの億万長者達が生活習慣にしている節約を堂々とパクって、種銭を着実かつ効率的に貯めていきたいところです。
種銭を貯めた先にある配当金生活。となりの億万長者の節約習慣を堂々とマネして、あこがれの配当金生活目指して種銭作りに淡々と取り組んでいきましょう。
配当金生活というのは総合課税の所得がゼロで住民税非課税世帯でありながら、なぜか収入が増えていくのが魅力的な、日本に落ちている数少ない黄金の羽根のひとつです。

配当金に加えて株主優待も活用していくことで、富める人々はさらに富んでいきます。配当金と株主優待については、株主優待でティッシュ・トイレットペーパーを自給自足するという記事で詳しく書いています。

次の記事>>>配当金生活するための元手となる地道な種銭の作り方とは